計画を作ることで満足してしまうのは、手段と目的を間違えているから

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

business-561387_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

計画に時間をかけて作っても、残念だなと思うことがあります。

それは、計画を見ないことです。

計画を立てることに一生懸命になって、それで終わり。

これでは、何のための計画なのか、さっぱり分かりませんよね。
 

■ 計画を見ない代わりにやっていたこと

 
計画を一生懸命になって作って、終わり。

こんなことってあるのか。

私も、最初は疑っていました(笑)。

でも、それがあったんですよ。

計画通りに進まないときや、失敗したり、計画以外のことを始めたりしたとき、自分がやっていた行動を振り返ってみたら、計画を見ていないで作業をしていたのです。

これは、タスクリストやチェックリストなど、リストを見ていないものも含まれています。

よくこれで計画を進めていたのかと、自分でも驚いていたのですが、 計画を見ない代わりにやっていたことを突き止めました。
 
 
 
 
答えは、簡単なことでした。

計画を見ない代わりに、すべて頭の中だけで処理していたのです!

とにかく、計画を作るときは全力でやっていますから、頭の中の記憶は残っていたのです。

その記憶を頼りに、計画を進めようとしていたので、進行に遅れが出たり、失敗する結果になることが多くなっていました。

タスク管理をするようになってからは、このようなことは減ってはきていたのですが、ちょっと油断をすると頭の中だけで処理をしようとしてしまうことがあります(笑)。

自分の頭を信じるな!

とはいいませんが、計画やリストを作ったからには、活用しなければ何のために作ったのか分かりません。

計画を作ることで満足してしまうのは、手段と目的を間違えているのです。

計画を作るのが目的ではなく、目的を達成させるための手段のひとつにすぎないのです。

計画を作って満足するのではなく、計画を見ながら行動していきましょう。
 

■「今日の教訓」

 
計画が崩れていく原因のひとつに、計画を見ていないことがある。作ったから安心してしまうパターンだ。やはり、計画を見ながら行動していくほうが間違えることもないし、進捗状況もわかるし、確実だよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事