1日の流れを決める、流れを変えるチャンスは、朝の時間の使い方で大きく変わってくる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

dawn-1204805_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

朝、気持ちよく目覚めることができていますか。

それとも、頭がボーッとしている時間が長いですか(笑)。

目覚めたときは、今日1日のスタートラインに立っている状態です。

スタートをするのか。それとも、しないのか。

それは自由ですが、スタートをしないと、出遅れてしまうことは確実です。
 

■早起きしたことで、1日が長く使えることができたほうがいい

 
私は、朝型人間なので、早く起きることは難しいことではありません。

でも、気持ちよく目覚めることができているかといえば、答えはNOです。

寝ぼけて、意識がはっきりしていないこともあるし、体が痛いこともあります。

そのまま眠ってしまうこともあります。二度寝です(笑)。

目覚めが悪い原因は、自分なりに分かっています。

●前日、夜遅くまで起きていた
●前日、夕食を食べ過ぎたり、寝る前に間食をした
●今日やるべきことができなかったとき
●夜遅くまで、PCやスマホの画面を見ていた

よくありそうな原因です(笑)。

少しでも目覚めが良くなるように、食事や夜更かしをしないように心がけています。
 
 
 
 
では、気持ちよく目覚めたときどうしているか。

面白いことに、気持ちよく目覚めたあと、そのまま気持ちよく眠ってしまうことがあります(笑)。

せっかく、気持ちよく目覚めたのに、二度寝をしていました。

二度寝をすると、そのときはいつもよりも眠ることができたと満足しますが、1日全体で見ると非常にもったいないことをしています。

やりたいことが、たくさんあるのに、二度寝してしまうことで、その時間が失われているからです。

1日の流れを決める、流れを変えるチャンスは、やっぱり朝の時間の使い方で大きく変わってきます。

だから、気持ちよく目覚めることができたら、少し時間が早くても起きてみることをお勧めします。

二度寝するよりも、早起きしたことで1日が長く使えることができたほうがいいと思いませんか。
 

■「今日の教訓」

 
朝、気持ちよく目覚めることができたなら、少し時間が早くても起きてみるのもいい。1日の流れを変えるチャンスだからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事