未来の自分に期待しすぎると痛い目にあう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

binoculars-485855_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

未来のことを考えるとき、明るい未来を考えますか。

それとも、暗い未来を考えますか。

未来の自分なら、大丈夫。何とかなっている。

そんなふうに思うことがありませんか。
 

■未来に期待をしつつ、目の前の現実のことをコツコツとやっていこう

 
未来のことを考えるときは、楽しいですよね。

これからやってくることですから、自由に想像してもいいからです。

夢や希望を語るうえで、想像力ほど頼もしい味方はありません。

自由に、のびのびと、未来を想像するのもいいでしょう。

ただ、ここで気をつけておきたいところは、未来のことを想像したら、現在の自分の戻ってきているかどうかです。

未来の自分になりきって、行動をしてみよう。

そんなことが自己啓発の本に書かれていることがありますが、現在の自分に戻ってから行動を起こすことが大事です。
 
 
 
 
未来は、これから「やってくるかも」しれないことです。

やって「くる」ではなく、やってくる「かも」ですから、不確実で、不安定なのです。

だから、未来の自分に対して期待しすぎていると痛い目にあいます。

勝手な期待は、現実逃避になることもあり、期待通りの結果が得られないと、相手に対して不満を抱く原因にもなります。

未来に期待するなとはいっていません。

未来に期待をしつつ、目の前の現実のことをコツコツとやっていけばいいのです。
 

■「今日の教訓」

 
未来の自分に期待しすぎているところはないか。勝手な期待は、現実から逃避することにもなりかねない。未来に期待してもいいけど、現実のこともやっていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする