先送りや、避けていることを取りかかりやすくするためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

woman-489118_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

先送りしていること。避けていること。やろうとしないこと。

なかなか解決することができない、私にとっては問題児たちです(笑)。

タスク管理をするようになってからは、かなりの部分で改善したと思っていますが、たまに問題児たちが暴れだすことがあります。
 

■問題児になる前に始めてしまう

 
先送りしていること。避けていること。やろうとしないこと。

この問題児たちは、自分が行動を起こさないことで、その勢力を拡大していきます。

すぐに始めてしまえば、問題児では無く、生まれたばかりの赤ちゃんのような可愛い存在です(笑)。

しかし、行動を起こさない期間が長くなると、可愛い赤ちゃんから、まるで突然変異を起こしたかのように、問題児へと変身するのです。

最後には、手をつけられない状態になり、頭を抱える存在になることもありますよね。

この問題児をおとなしくさせるためには、「思いきって、始めてしまう」のが、特効薬になるでしょう。

問題児に変身する前に予防策を打っておくのです。

「思いきって、始めてしまう」というのは、そのハードルが高く感じたり、違和感を感じたりして気持ちが悪いと思うかもしれません。

でも実際に、「思いきって、始めてしまう」と意外と簡単にできたという経験はないでしょうか。
 
 
 
 
よくたとえられるのが、食わず嫌いです。

食べる前に、これは嫌い。美味しくない。まずい。

そんな先入観にとらわれて、食べようとしないのと同じです。

そこで、特効薬である「思いきって、始めてしまう」を使います。

この場合は、「思いきって、食べること」ですね。

嫌いだと思っているものを食べることになりますから、いつもとは違う、口の中で違和感を感じながらも、新しい刺激もあり、実は美味しかったと気づくことだってあるのです。

つまり、先送りしていること、避けていること、やろうとしないことは、それほど難しいものではありません。

できるだけ、問題児になる前に始めてしまうのは、いつもとは違うことをするのと同じで、新しい刺激を受けています。

これって、変化を起こしていますよね。

「思いきって、始めてしまう」ことは、変化を起こすことになるのです。

先送りや、避けているという言葉を使うと、暗いイメージがありますが、いつもとは違うことをして、変化を起こしていると思えば、取りかかりやすくなりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
先送りしていること、避けていること、やろうとしないことを思い切ってやるのは、いつもとは違うことをするのと同じで、違和感もありつつ、新しい刺激もあり、変化を起こしていることなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする