何もしない選択というものは、決して逃げているわけではなく、投げ出しているわけでもない

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

man-1253004_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

これから、どうするのか?

この質問に答えようとしたとき、何かを始めようとすることを考えませんか。

たしかに、どうするのかと聞かれていますから、何かをやらなければならないという思いが強くなると思います。

でも必ずしも、動く必要はないんです。
 

■動かずに、おとなしくして、自分自身と向き合ったり、周りの様子を伺ってみよう

 
何かを試そうとしたり、変化を起こしたければ、行動を起こす必要がありますよね。

行動を起こすことで試すことができるし、変化を起こせます。これは、これで大切なことです。

とはいえ、いつも行動ばかりしているわけにはいかないこともあります。

自分ひとりで動くことができないこともありますし、状況を把握するために、あえて動かない選択をする必要もあるでしょう。

何もしない選択というものは、決して逃げているわけではなく、投げ出しているわけでもないのです。
 
 
 
 
何もしないことで、状態を観察したり、周りの情報収集に集中したり、体力を温存させたり、回復するための時間としても使うことができます。

行動を起こすことは大切なことですし、必要なことです。

でも、何もしない選択もあることを知っておくべきです。

いつも動き回っていれば良い結果が出るのかと言えば、そうではないですよね。

ただ空回りをしているだけで、何も得られないこともあるし、狙いを定めて動いたとしても空振りすることだってありますから。

動かずに、おとなしくして、自分自身と向き合ったり、周りの様子を伺ってみるのもありですよ。
 

■「今日の教訓」

 
何もしない選択もあることを知っておいたほうがいい。動かずに、おとなしくしているのも必要なことだったりするから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事