体調不良のときは、おとなしく休む。無理をせずに、行動するなら安全運転で。そうすれば、最終的には最も早くゴールにたどり着ける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

green-color-1365975_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

体調不良になると、なぜかいつもよりも、がんばってしまう自分がいます。

元気なときに、がんばればいいのに(笑)。
 

■周りにいる人たちに迷惑をかけたくないから、がんばってしまう

 
体調不良になってから、がんばってしまうのは、先の見通しが分からなくなるからです。

自分が動けなくなったとき、この先はどうなるのか。

たとえば、仕事のことを考えたり、家族のことを考えたりしますよね。

そうすると、少しでも自分が動けるうちに、できることはやっていこうとしたり、自分が動けなくなったときのためにやるべきことを思いついたりして、元気なときとは違う行動をしてしまいます。

具体的には、いつもよりもがんばっちゃうのです(笑)。

普段だったら、この辺にしておこうと思っていたことを、最後までやり遂げようとしたり、休むことを後回しにして動き回ったりしているのです。

ただでさえ、体調不良で調子が悪いのに、さらにいつもよりもがんばってしまうという、もっともやってはいけないパターンに陥っていますよね。
 
 
 
 
いつもよりも、がんばってしまう気持ちも分かります。

要するに、周りにいる人たちに迷惑をかけたくはないのです。

それが、家族であっても、会社の仲間であってもです。

私も、季節の変わり目などに体調を崩すことが多いです。

あちゃー。また、やってしまった。と後悔することもありますが、ブログを書くネタにもなると思ったりもします(笑)。

そして実際にブログを書くことになるのですが、そのときはいつも「迷惑をかけてもいいんだよ」と思いながら書くことになります。

迷惑をかけないようにがんばったとしても、結局はさらに迷惑をかけるようになってしまうからです。

何だか、矛盾した話にはなってしまうのですが(笑)。

だから、体調不良のときは、おとなしく休む。無理をせずに、行動するなら安全運転で。そうすれば、最終的には最も早くゴールにたどり着ける。

そんなふうに思っています。

もし、周りの人たちに迷惑をかけたと思っているなら、ひと言、感謝の気持ちを伝えればいいのです。

きっと、「困ったときは、お互い様だよ」。

そんな声がかえってくるでしょう。
 

■「今日の教訓」

 
体調不良のときは、おとなしく休んだほうがいい。無理をせずに、安全運転を心がけることが、最終的には最も早くゴールにたどり着けるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする