焦ったり、慌ててしまう。そんなときこそ、いつも通りのことをやってみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

balloon-1373161_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

物事には、できること、できないことがありますよね。

それでも、人間はコツコツと積み重ねてきました。

うまくいくこともあれば、失敗して、壁にぶち当たる。

でも、不可能だと思われていたことを、可能にしてきたからこそ、今の便利な世の中があることは確かなことですよね。
 

■試す回数を増やせば、その分だけ良い結果を出す確率も高くなる

 
不可能だと思われてきたことを可能にしてきたわけですが、よく考えてみると特別なことをしていたわけではありませんよね。

研究や実験で、不可能だと思われていることに挑戦していくなかで、今できることを繰り返しながら、少しずつ違うことを試した結果、不可能だと思われていたことが可能になっていったのです。

ということは、まず大切なのは、いつも通りのことをやることではないでしょうか。

いま、目の前にあることを、しっかりやるということです。
 
 
 
 
さらに上を目指そうとしたり、良い結果を出そうとするなかで、試行錯誤が生まれてきます。

うまくいくときもあれば、失敗もあるでしょう。

試す回数を増やせば、その分だけ良い結果を出す確率も高くなります。

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ」

エジソンだって言っているじゃないですか(笑)。

だから、いつも通りのことを続けていくことは大切なんです。

焦ったり、慌ててしまうこともありますが、そんなときこそ、いつも通りのことをやってみるといいですよ。
 

■「今日の教訓」

 
どんな状態であろうと、いつも通りのことをやる。簡単なものでいい。その中で、良い結果を出せるようになれば、それが成功体験となり、自信となっていくよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする