苦手意識があるのは仕方がないこと。自分がダメなやつだと思うのは間違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12911710644_8bc4b55448_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ちょっとこの人は苦手だな。

そう思ったことはありませんか。

苦手意識を感じてしまうと、嫌いな人に会うたびに反応してしまいますよね。
 

■他人と関わっていく限り、苦手な人がいるのは悪いことではない

 
苦手意識は、あってもいいと思っています。

いろいろな人たちと関わりを持つようになれば、自分にとって好きな人、嫌いな人、苦手な人。

異なったタイプの人たちに出会う確率が高くなるのは、当然のことですよね。

ずっと、孤独で過ごすわけではありません。

一人暮らしでも、誰かと関わって生活していることに変わりはないからです。

他人と関わっていく限り、苦手な人がいるのは悪いことではないはずです。
 
 
 
 
私も苦手な人と一緒にいると、イライラするときもありますし、いつも以上に神経を使い疲れてしまうことがあります。

これでは、ダメだ。もっと、ちゃんとしなくちゃ。

苦手意識があることが悪いように思えて、自分を責めていたこともありました。

自分を責めたところで、苦手意識が無くなるわけではありません(笑)。

だからもう、苦手意識があってもいいじゃん。
無理やり、相手のことを好きになるほうが、よっぽど気持ちが悪いよね。

そう思うことにしました(笑)。

苦手意識があることばかり考えていて、目の前のことが見えなくなるほうが、危険だと思うのです。

苦手意識があるなら、その人から離れる、距離をおいてみるのもいいでしょう。

もし、それができないなら、苦手意識を感じながらも、自分ができることをやっていくのが、ベストな選択です。

これなら、自分自身を見失うことはないですから。

あなたは、苦手意識がある相手に対して、どのように接していますか。
 

■「今日の教訓」

 
苦手意識があるのは仕方がないこと。自分がダメなやつだと思うのは間違い。苦手意識を感じながらも、自分ができることをやっていく。それが大切なんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: laurakargfotografie via VisualHunt / CC BY-ND
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする