多くのことは、やり直しても大丈夫だよ。挑戦していく姿勢があってもいいよね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

802292677_a1d698217c_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人生は、いつでもやり直すことができる。

私の好きな言葉でもあり、大切にしている言葉です。

でも、人生というスケールの大きさに圧倒されている気がすることもあります(笑)。
 

■取り返しのつかないことよりも、やり直すことができるほうが多い

 
世の中には、取り返しのつかないこと。

そして、もうひとつが、やり直すことができるものと、2つがありますよね。

取り返しのつかないことは、一度失ってしまったら、二度と元には戻せないことですかね。

謝って許されることではない」というものです。

たとえば、医療ミス。

医者も人間ですから、間違いや失敗はあります。

でも、間違えて盲腸を取っちゃった。

としたらどうでしょうか。

間違えたでは済まされませんよね。
 
 
 
 
でも、これは私の推測ですが、取り返しのつかないことよりも、やり直すことができるほうが多いのではないでしょうか。

つまり、「謝って、許される」。

やり直すことができるが多いと思っています。

人間ですから、誰にでも間違いや失敗はあります。

みんな、そのことは分かっているはずです。

だからこそ、間違いや失敗がないように工夫や対策をしますよね。

ということは、人生をやり直すことは、特別なことではなく、やり直すために工夫や対策を考えていけばいいのではと思うのです。
 
 
 
 
ただ、「人生」という大きなくくりで考えてしまうと、どうすればいいのか分からない人間が出てきます。

私のように(笑)。

もっと、スケールを小さく小さくしていくと、始めやすいですよ。

今日1日、今週という設定で、再びやり直してみるのです。

挑戦していく姿勢があってもいいでしょう。

やり直すということは、「許す」ということでもあります。

自分自身を許せるようになれば、相手に対しても許せるようになります。

それは、人生とは自分と相手も同じようにやり直して、再び始めることができるということにもなりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
人生はまだこれからだ。やり直すことができる。そんな言葉がある。もっと小さく、今日1日とか今週でもいいんじゃない。多くのことは、やり直しても大丈夫だよ。再びやり直す。挑戦していく姿勢があってもいいよね。
 
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: Al-khairi via Visualhunt / CC BY-NC-ND
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする