やればできると思っているなら、あとは実際に行動を起こすだけなんだよ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

7608836738_81c3ba7958_b
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やっておけばよかったと後悔したことはありませんか。

後悔ですから、そこには悔しい気持ちや、残念な気持ち。

あまり良い気分ではないですよね。

それなら、「やってしまえばいい」ということになります。

が(笑)。

何度も繰り返してしまうんですよね。
 

■実際に行動を起こさないのに、やっておけばよかったと後悔をする

 
やっておけばよかったと思えるなら、 それはやれば「できた」ということですよね。

このとき、すでに過去の話ですから、何とでも言えるわけです。

はたして、本当にやればできたのでしょうか。

うーん。どうなんだろう?

ここで、すぐに答えることができるなら、次回からはやればできるでしょう。

でも、答えることができないなら、次回もできない確率が高いのではないでしょうか。
 
 
 
 
やればできることを、きちんと答えるためには、実際に何が必要で、どんな行動が必要なのか。誰と一緒にやるのか。いくらお金が必要なのか。

このように言葉に書くと、面倒なことみたいですが、実際はよくあることです。

たとえば、読書をするつもりだったけど、忙しいから本を読まなかった。

こんなふうに、忙しいを理由にしてやらずに、あとになってから、やっておけばよかったと後悔する経験をしたことはありませんか。
 
 
 
 
いくら忙しいといっても、移動時間や休憩時間などを利用して、読書をするくらいならできそうですよね。

やればできると思っているからには、読書のように何をすればいいのかは分かっていて、あとは実際に行動を起こすだけなんですよ。

でも、実際に行動を起こさないのに、やっておけばよかったと後悔をする。

こんなことを繰り返していたら、先には進めませんよね(笑)。

やればできると分かっているなら、少しでもやっておけば、後悔することは減るでしょう。

あなたは、やっておけばよかったと後悔することはありますか。
 

■「今日の教訓」

 
やっておけばよかったと後悔するときは、やろうと思えばできたということ。少しでもやっておけば、後悔することも減らせるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: Nicolas-Frédéric via Visual Hunt / CC BY
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事