本を読んだ回数と行動した回数で知識を吸収したかどうかわかる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_6757327327
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

私は、子供のころから本を読むことが大好きでした。大人になった今でも、それは変わらず、本に囲まれた生活を送っています(笑)。

ただ、子供のころとは違って、知識を自分のものにしたいという気持ちは強くなっていきました。
 

■本を読んだ回数は、減るものではない

 
本に書かれていることを、自分のものにしたいと思ったことがあると思います。

自分のものとして吸収することができれば、今よりも、もっと良くなるとか、改善されるかもしれない。そんな気持ちがあるのでしょう。

でも、読んだら読みっぱなし、とりあえず本を買ったけど、積ん読状態になっていませんか。

誰がこんなことをやっているのかといえば、私です(笑)。

特に、読んだら読みぱっなしという状態が酷いです。
 
 
 
 
本を読んだままでいるのは、本に書かれている知識を吸収するというよりは、本を読むことを楽しんでいるか、満足しちゃっているんですよね。

もちろん、そういう読み方もあります。

でも、本に書かれている知識を吸収したければ、1回読んだだけで終わりでは、知識を吸収することは難しいことだと思います。

記憶力が優れている方は別ですけどね(笑)。

私のような凡人ができることは、何度も読み返すくらいです。
 
 
 
 
1度でも、読んだことがある本なら、2回目以降は内容が分かっているので、読むスピードも速くなると思います。

ここが重要だとか、ここは読み飛ばしてもいい。そんな、力加減もわかってくるのではないでしょうか。

本の内容だけを知って、知識を吸収したことになるかといえば、そうではないことは確かです。

でも、まずは知識として知っておくことは大切なことだと思うのです。

知ったうえで、速やかに行動することが必要なのです。

本を読んだ回数は、減るものではありません。

本を読んだ回数と行動した回数が、知識を吸収したかどうか、結果として現れてくるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
読み終えたばかりの本を再び読み返すと、内容を覚えているので、速いスピードで読み終えることができると思う。本から学びたければ、読みっぱしではなく、読み返す回数を増やしていくことで、知識を自分のものにできるんじゃないかって思うんだ。
 
photo credit: mfcorwin via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする