やろうと思っていることの前と後には、必ずと言っていいほど決まりごとがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

referee-1149014_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やろうと思っていることが、できているとき。

それは、順風満帆な状態ですよね。

気分もいいですし、向かうところ敵なしの状態ですね(笑)。
 

■ほとんど意識せずにやっていることがある

 
自分がやりたいことができているときは、清々しい気分で、自信もあって、前のめりになって進むことができているのではないでしょうか。

どうして、うまくいっているのだろう。

私だったら、そんなことを考えてしまいます(笑)。

これが絶対に正しい!

そんな答えは出てきませんが(笑)。

ただ、行動記録を残していると、やろうと思っていることの前と後には、必ずといっていいほど決まりごとがあることに気がつきました。

それが「習慣」だという言い方もできますし、生活パターンなんですね。
 
 
 
 
たとえば、お風呂に入ろうとするときを想像してみてください。

●お風呂に入る前にしていることは何ですか
●お風呂から出た後にしていることは何ですか

まず、お風呂に入る前にしていることですが、私だったら服を脱いでいますね(笑)。

そして、お風呂から出たあとは、体重を計っています。

ほとんど意識せずにやっていることですが、これが私のパターンなのです。
 
 
 
 
お風呂に入る前に服を脱ぐのは当たり前として(笑)、そのあとの体重を計るのは、習慣となっているので、体重を計らないと落ち着かず、モヤモヤしてきます。

このように、やろうと思っている前と後には、決まりごとがあります。

●朝起きたとき
●家に帰ったとき
●ひとりでいる時間

環境によっても違いがありますが、どんな決まりごとが自分にはあるのか。

調べてみるのも面白いと思いますよ。

決まりごとが分かれば、やりたいことを先送りしそうになったときに、「決まりごとをしているか」をチェックしてみてください。

それが、あなたにとっての、やりたいことするための「ルーティーン」です。
 

■「今日の教訓」

 
やろうと思っていることの前と後には、必ずといっていいほど決まりごとがある。それに気づけば、やりたいことを先送りする確率も減っていくだろう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly