いきなり、自由に使える時間が増えたとき、どうしていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pexels-photo-28764
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

普段は、時間が無い。足りないと言っているくせに、いきなりポンと時間を与えられても、有効に使えない。

そんな経験をしたことはありませんか。

すべての時間を有効に使えとは言いませんが、少しでも実りのあるものにしていきたいですよね。
 

■自由に使える時間が増えることで、いつもの自分を見失うことがある

 
仕事をしているとき、明後日も休んでほしい。

いきなり、そう言われたことがあります。

なに、言ってんの?

最初は状況を飲み込むことができず、ポカンと口を開けていました(笑)。

詳しく話を聞いてみると、有休をまったく使っていなかったので、有休を消化しろということでした。

たまたま、次の日も休みだったので、2連休することになりました。

いきなり、自分が使える時間が、突然現れました。

しかも、2日分も(笑)。
 
 
 
 
もちろん、他にもやることがありますから、丸々2日分の時間を使うことはできませんが、仕事をしている時間を自分の時間としてなら使えますよね。

さて、どうしよう?

タスク管理をしているので、それほど慌てることはありませんでした。

タスクリストを見直して、仕事の部分を変えてやればOK。楽勝!

そう思っていたのですが、いきなりポンと時間を与えられてしまうと、いつもの自分を見失っていました(笑)。

2連休だから、積ん読になっている本を読もう。
Evernoteを整理しよう。
部屋の掃除をしよう。

あれもやりたい、これもやりたい。

せっかくの休日がダメになるパターンに陥ってしまいました。

●イレギュラーな形で時間が生まれても、納得がいかないことにも遭遇することがある

●時間が生まれても、感情に流されてしまうと、時間の使い方を見失うことがある

結局、有休の2日間は、この2つのことを学ぶことができました(笑)。

この件以降は、突然の休みがあっても、タスクリストを無理に変えずに、リストに書かれていることを中心に処理していき、残った時間を使って、自分がやりたいことをするようになりました。

あなたは、いきなり時間を与えられたとき、どうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
いきなりポンと時間を与えられても、すべての時間を有効に使えるわけではない。むしろ、イレギュラーな形だから、納得がいかないことに遭遇することもあるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする