あれもこれもやりたいのに、動けないときにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

448820990_099a4aa69f_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やることを1つ決めて、終わらせてしまうと、気分がスッキリしませんか。

私なら、朝一番に1つやることを決めて、片づけてしまうと、めちゃくちゃスッキリして、気持ちよく1日を過ごすことができちゃいます(笑)。
 

■もう一歩、もう一手から、次の一歩、次の一手へ

 
あれもやりたい。これもやりたい。

そう思っているのに、何もできなかった経験はありませんか。

やることを紙に書き出したけど、書き出しただけで終わってしまったのも同じですね(笑)。

どうしてやらないんだろう。

答えは、簡単です。行動をしていないから(笑)。

これに尽きますね。

頭の中で考えていても、紙に書き出しても、実際に行動をしなければ、やっていないのと同じです。

まだ、紙に書き出すほうが、一歩前進したと言えますが、さらにそこから、もう一歩、もう一手を打つ必要があります。

●頭の中で、あれもやりたい、これもやりたいと考えている
●やりたいことを、思いつくままに紙に書き出す

この2つに共通して言えることは、「やりたいことがたくさんある」ことです。
 
 
 
 
やりたいことがたくさんあることは分かった、理解することはできた。

ここまできたら、もう一踏ん張りです(笑)。

あとは、この中から、やることを1つ決めるだけです。

この決断が、次の一歩、次の一手になります。

やることを1つ決めて、それに集中して取り組む、完了させてみると、一気に流れが変わることもあります。

それは、ドミノ倒しのように、次の行動を起こしてみたくなったり、気持ちに変化が現れたり、行動する前とは明らかに違う自分に気がつくこともあるでしょう。

いちばん最初に動くときが最も大変で、動き出したほうがラクに動けるのです。
 

■「今日の教訓」

 
やることを1つ決めて、それに集中して取り組んで完了させることで、流れが一気に変わることがあるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: msr via Visual Hunt / CC BY-NC-SA
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする