なかなか始めることができないものに対しての攻略法

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

child-659283_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのに、なかなか始めることができないときってありませんか。

私も、昔はよくありました(笑)。

やりたいことがあるのに、どうしてやらないんだろう。

ホント、不思議ですね。
 

■何を最初にやるのか。何を最初にやらないのか。この2つを決めると、一歩前に進むことができるようになる

 
今でこそ、行動記録から、タスクリストを作ったり、チェックリストを作ったりして使い回すようになってからは、なかなか始めることができないという状態は少なくなりました。

これまでの経験から言えることは、ただ頭の中で、やりたいことを考えていても、なかなか始めようとはしないということです。

頭の中で想像することはできるんですけどね(笑)。

想像するだけで終わってしまって、実際に行動を起こすことがないんです。

きっと、想像するだけで満足しちゃっているのかな。
 
 
 
 
しかし、行動記録を残すようになってからは、様子が一変しました。

まず、記録を残すためには、目に見える形で記録を残さなければいけません。

紙に書き出したり、PCやスマホを使って、デジタル情報として記録をしたりすることになります。

記録の残し方は、人それぞれですが、後から参照することを考えると、デジタル情報として残しておいたほうが、検索をすることができるので便利です。
 
 
 
 
次は、やる順番です。

目に見える状態で記録が残されていますから、やりたいことの前後は、何をしていたのか。または、何をしようと思っていたのか。そういった、細かい情報も記録から読み取ることができるようになります。

そして、なかなか始めることができないものに対して、「何を最初にやるのか」。次に「何を最初にやらないのか」。

まずは、この2つだけでも決めてやるつもりで、始めてみると、手強い相手も攻略しやすくなりますよ。
 
 
 
 
たとえば、読書をすることができない場合は、「何を最初にやるのか」を決めます。

●最初に、Kindle本の「●●●」という本を1ページだけ読む

ここは、簡単に楽にできるものがいいと思います。ハードルを低く設定しておいて、後から調整をすればいいからです。

次に、「何を最初にやらないのか」を決めます。

これは、読書をしようとしているのに、邪魔をする行動を特定してやらないと決めるのです。

●テレビを観ない
●スマホのゲームで遊ばない

他にも邪魔をする行動があるなら、追加していけばいいでしょう。

何を最初にやるのか。
何を最初にやらないのか。

この2つを決めると、一歩前に進むことができるようになりますよ。

そして、これらも行動記録として残しておくと、後から必ず役に立つ日がやってきます!
 

■「今日の教訓」

 
何を最初にやるのか。何を最初にやらないのか。まずはこの2つだけでも決めてみるといい。これだけでも、一歩前に進むことができるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事