突然やってくるものには、これから大きく変化を起こす可能性を秘めている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

girl-1557211_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

突然の出来事が起こったとき。

その内容にもよりますが、驚きますよね。

なんたって、突然なんですから。

あらかじめ、予測することができない出来事に対して、どのような考えをもっていますか。
 

■突然の出来事から、新たな展開がまっているかもしれない

 
突然の出来事。

それが何であれ、突然やってくることですから、驚いたり、慌てたりするのは当然のことですよね。

良いこともあれば、悪いこともあるでしょう。

突然のことで驚くわけですから、これから大きく変化する可能性を秘めているともいえますよね。

大切なのは、突然のことで驚いたあとの行動です。

驚いているので、冷静な判断をするのは難しいかもしれませんが、深呼吸でもして心を落ち着かせて、自分ができる範囲で行動を起こせるかを考えてみましょう。
 
 
 
 
私だったら、突然の出来事が過去に経験したことがあるなら、行動記録を振り返り、過去の行動から先の見通しを想像して、その場でチェックリストを作り、リストを見ながら行動をします。

過去に経験したことがない出来事の場合は、見通しがはっきりせず、どうなるのか分からない状態ですが、周りの状況を観察して、できる限り行動記録として残すようにしています。

いずれにせよ、突然の出来事に対しては、受け入れなければならないですよね。

あとは、自分ができる範囲で行動を起こすことしかありません。

行動さえ起こすことができれば、突然の出来事から、新たな展開がまっているかもしれません。

たとえば、仕事の依頼をしたが断られていたのに、突然仕事が舞い込んできたら、あなたはどうしますか。

このとき、ただ驚いて何もせずにいるのか。それとも、自分ができる範囲で行動を起こすのか。

どちらを選んでもかまいませんが、突然やってくるものには、これから大きく変化を起こす可能性を秘めていることは間違いないのです。
 

■「今日の教訓」

 
突然の出来事に驚くことがあるよね。それは、これから大きく変化する可能性を秘めているともいえる。その出来事をきっかけに、自分ができる範囲で行動を起こすのもいいよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする