仕事をしているとき、メモをとる人。メモをとらない人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pexels-photo-64776
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

行動記録からタスク管理をしたり、チェックリストを使うようになったりしてからは、頭の中の記憶を頼りに動くことが減りました。

それと同じくらいに、メモをとる習慣が育ってきました。
 

■メモをとっていると、記憶力が無い人間に見られているときがある

 
仕事をしているとき、メモをとる人。メモをとらない人。

大きく2つのグループに分かれます。

メモをとる習慣があるのか、ないのかもあるのでしょう。

ちなみに、私は「メモをとる」人間です。

1日の行動記録を残し、チェックリストを見ながら行動をする人間なので、メモをとることは珍しくなく、普通のことです。

しかし、メモをとらない人たちから見ると、何をやっているんだ?

そんなふうに見られているときがあるようです。

そんなことで、いちいちメモをとらなくてもいいだろうとか、こんなことも頭で覚えてられないのかと。

記憶力が無い人間に見られているのです。
 
 
 
 
ふーっ。やれやれだぜ。。。

私の心の中では、こんなふうにつぶやいています。

メモをとり、書き出してから行動したほうが、間違いも減り、無駄をなくすことを、身をもって体験しているから、私はメモをとっているだけなんです。

たしかに、メモをとる行為は面倒だと感じることもありますが、それ以上のメリットがあるので、少しの時間だけメモをとることに使っています。

頭の中で、あれこれと考えながら行動するのと、メモをとり、頭の外に出してから行動するのと、どちらがいいのか。

ぜひ、試してみることをお勧めします。
 

■「今日の教訓」

 
頭の中の記憶を頼りに動くよりも、書き出してから行動したほうが、間違いも減り、必要最小限の動きで、無駄をなくすことができる。頭の外に出してから、行動してみるといいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする