コツコツと自分ができることを続けていると、ひとつの点になって結ばれていることに気がつくことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

uss-nimitz-basketball-silhouettes-sea-69773
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

少しずつ、コツコツと進めてきたことが実を結び、結果を出せたときは嬉しいものですよね。

諦めずにやってきて良かったとか、周りにいる人たちに感謝の気持ちが生まれることもあります。
 

■コツコツと自分ができることを続けていると、今までとは違う感覚になることがある

 
少しずつ、コツコツと進めていると、自分でもどこまで進んでいるのか、できているのかがはっきりしないこともあります。

特に、同じようなことを繰り返しやっていると、強くそう感じています。

いわゆる、反復練習というやつです。

基本動作を何度も繰り返しやっていても、その効果を実感するのには時間がかかるでしょう。

その前に、こんなものをいつまでやればいいんだとか、もう飽きてきたよと、やめたくなる気持ちが強くなることもあります。

でも、そこを我慢して、さらにコツコツと自分ができることを続けていると、今までとは違う感覚になることがあります。

その感覚は、できなかったことが、できるようになった。今まで分からなかったことが、理解することができてきた。

そんな感覚です。
 
 
 
 
とにかく、やり始めたころとは、明らかに違う感覚。

たとえば、ひとりでは、自転車に乗ることができなかったのに、繰り返し練習することで、少しずつ長く走れるようになった感覚といえばいいでしょうか。

最初は、ほんの数メートルしか自転車に乗ることができない状態を「点」とすると、その「点」をつなぎ合わせていけば、一本の線になりますよね。

一本の線になっているころには、自転車を自分の意思でコントロールすることができ、目的の場所へ自由に行けるようになります。

大切なのは、ひとつの「点」を馬鹿にしないことです。

コツコツと続けてきたからこそ、その「点」に気がつくことができたからです。

ただの偶然だと言ってしまえば、それまでかもしれませんが、これをコツコツと続けてきたからだと、必然だと考えることができれば、それが励みになり、さらにコツコツと進めていく原動力になるでしょう。
 

■「今日の教訓」

 
コツコツと自分ができることを続けていると、今までやってきたことが、ひとつの点になって結ばれていることに気がつくことがある。これを、偶然だと言えばそれまでだけど、必然と考えて、さらにコツコツと進めていけば、すごいことが起こるかもしれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする