言いたいことがあるなら、相手に伝えたほうがいい。そのほうがスッキリするから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何か言いたいことがあるとき、そのことを相手に伝えることができますか。

素直に自分の気持ちを相手に伝えることができれば、多くの問題は解決されてしまうことだってあるでしょう。

そもそも、問題なんか起こらないかもしれません。
 

■自分が発言することで、相手の反応が怖いところがあるかもしれない

 
言いたいことをズバズバと言える人を見ると、とてもうらやましいと思っています。

あれだけ言いたいことを、しゃべっているから本人はスッキリしているかというと、そうでもなくて。

まだ、言いたりないような感じでした。

私は、自分が言いたいことを相手に伝えるのは苦手です。

言いたいことがあっても、グッと我慢してしまうタイプ。

言いたいことが言えないから、ストレスもたまりますし、イライラすることもあります。
 
 
 
 
なぜ、言いたいことがいえないのか。

やっぱり、自分が発言することで、相手の反応が怖いところがあるからだと思います。

その怖さとは、「自分が傷つきたくはない」から。

この一言に尽きます。

だから、相手に言いたいことを我慢するわけですが、さすがにこれも限界がありますよね。

もう耐えられない状態になったこともあります。

今は、ストレートに伝えることができなくても、遠回しになってもいいから、相手に伝えるように心がけています。

どのように受け取るのかは、相手次第ですし、自分の気持ちを相手に伝えなければ、そこにコミュニケーションは生まれないからです。

もちろん、これを実際にやるには難しいこともあるでしょう。

でも、相手とのコミュニケーションをとるということも、選択肢の中に入れておくべきです。

相手に伝えなければ、前に進まないこともあるからです。

あなたは、言いたいことがあるとき、相手にそのことを伝えていますか。
 

■「今日の教訓」

 
言いたいことがあるなら、相手に伝えたほうがいい。そのほうがスッキリする。どのように受け取るかは、相手次第。これを実際にやるには勇気がいるかもしれないし、難しいと感じるかもしれない。でも、選択肢のなかに入れておくべきだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo via Visualhunt