成功と失敗の両方から新しい発見を見つける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2877198611_965d8f483d
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

同じ作業をしていても、上手くいったときと、失敗したなと思った時がありますよね。もし、何か基準があれば、改善するところが見つけやすくなります。
 

■成功と失敗の両方から考えてみる

 
上手くいったときと、失敗をしたときの、原因を追及することがあると思います。

できることなら、失敗は避けたいですし、成功は継続していきたいですよね。

失敗をしたときは、どうすれば良いのか考えることで、そこから学び、成功へと近づくことができます。

では、成功したとき、上手くいったときは、どうでしょうか。

そこから、何かを学んでいますか?

私の経験からですが、上手くいっているときは、そのことに喜びを感じることがあっても、そこから学ぶことは少ないです。

つまり、良い結果を出したことに満足して、そこで終わりです(笑)。
 
 
 
 
逆に、失敗をしてしまったときのほうが、もう二度と失敗したくはないという気持ちから、失敗から学ぼうとします。

もちろん、失敗から学ぶことは大切です。

生まれてきてから、一度も失敗をせずに、大人になった人なんていませんからね(笑)。

でも、同じ作業をしているときに、上手くいくときと、失敗したときがある場合は、その両方のことを考えるべきだと思うのです。

できれば、両方を記録に残しておいて、両方からの違いをみつけるようにしたほうが、上手くいったときと、失敗したときの両方から学ぶことができます。

その違いから、基準が生まれてくるのです。

みなさんも、成功と失敗の両方から、新しい発見をしてみませんか?
 

■「今日の教訓」

 
同じ作業をしていても、上手くいった時と失敗した時があると思う。両方の記録を残して、その違いを見てみると、その違いから新しい発見があるかもしれないよ。
 
credit: CliffMuller via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする