チャンスに巡り会う確率を増やすには試してみなければ始まらない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8223074834_9129f6042b
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

「とりあえず、始めてみる」

私が、大切にしている言葉です。

悩んだり、迷ったり、躊躇したり。

臆病な自分がいることはわかっています。でも、始めてみなければ、わからないことがあるのです。
 

■試してみることに、失敗はない

 
何か良いと思ったアイデアがひらめいたとき、どうしていますか?

そのまま放置していますか。
くだらないと思って、一蹴してしまいますか。

アイデアのほうから、ひょっこりと顔を出すときは、「試してごらん」という信号が出ていると、私は思っています。

その信号に気づき、実際に試してみるのか。信号を無視して、先に進んでしまうのか。または、信号そのものに気づかずに通過してしまうのか。

どれを選んでも自由ですし、選ばないことも自由です。
 
 
 
 
しかし、やってみなければ、わからないことはあるはずです。

試しにやってみたことで、良い結果が生まれたのなら、そのまま続けてもいいですし、さらに磨いて上を目指すこともできます。

逆に、試したけれど失敗してしまった。上手くいかなかった。そんなこともあるでしょう。10回やって、10回とも成功するわけではありませんから。

しかし、10回試したうち、1回でもいいし、2回でも成功したのなら、成功したものを続けていくことで、チャンスに巡り会う確率も高くなると思うのです。

新年が始まり、新しい目標に向かって取り組んでいる方もいると思います。

今のうちから、新しいことに試す機会を増やしてみてはどうでしょうか。

たとえ、上手くいかなかったとしても、それはそれで経験になりますし、目標を軌道修正するのに役に立つはずです。
 

■「今日の教訓」

 
新しいことを試してみて、良いと思ったものは、そのまま続けて、さらに良いものにしていけばいい。だから、とにかく試してみなければ始まらないんだよね。
 
 
【参考文献】

 
 
credit: Sangudo via FindCC
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする