現実とは、「今」のこと。過去のことで悔やみ、未来を不安に感じたとしても、いま置かれている現実が一番大事ってこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

私は、過去の出来事にこだわりすぎるところがあるのですが、あなたはどうですか。

未来のことを考えながら、行動する方もいるでしょう。

いろいろな考え方があっていいと思うのですが、やっぱり「今」が大事なんですよね。
 

■今を積み重ねることで未来がやってくるし、今を積み重ねたからこそ過去がある

 
私は、過去のことで悔やんだり、悩んだりすることが多いです。

あのとき、あれをやっておくべきだった。こうしておけばよかった。

後悔と悔しさが入り交じるような体験を何度もしています。

よく、気持ちを切り替えていこう、未来のことを考えながら進んでいこうと言われたことがあるのですが、私の気持ちには届きませんでした。

しかし、いつまでも過去のことばかりこだわっている自分も嫌だったので、何とかしたいなと思っていました。
 
 
 
 
過去のことで悔やみ、未来を不安に感じることができるのは、それなりの想像力が必要ですよね。

その想像力がプラスに働けばいいのですが、後悔や不安を感じるのであれば、エネルギーをただ消費しているだけです。

しかも、生きているのは、現在です。

現在に生きているのに、過去や未来のことを想像して、エネルギーを無駄に消費している自分に腹を立てたこともあります。

過去や未来のことを考えて、後悔や不安を感じることは、今でもあります。これは、これから先も続いていくでしょう。
 
 
 
 
だからといって、現実の「今」を無視し、置き去りにするのは良くないと思うのです。

今を積み重ねることで未来がやってきますし、今を積み重ねたからこそ過去があるからです。

過去と未来の間に、「今」があります。

その「今」を無視して、過去のことで悔やみ、未来に不安を感じたとしても、成立しないのではないでしょうか。

生きているのは、まさに「今」だからです。

いま置かれている現実が一番大事なんですね。
 

■「今日の教訓」

 
現実とは、「今」のこと。過去のことで悔やみ、未来を不安に感じたとしても、いま置かれている現実が一番大事ってこと。そりゃそうだ。生きているのは、今だからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする