何かをやり忘れたとき、行動パターンを見直していますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

427345478_d7b486cfab_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やろうと思っていたことを忘れたときは、やっぱりショックですよね~。

何で忘れてしまったのだろうと頭を抱えても、もう遅いです。

でも、何かを忘れたときこそ、チャンスがやってきたと考えることもできるんですよ。
 

■行動パターンを変えるきっかけは、失敗や挫折など、反省や後悔から生まれることが多い

 
何かをやり忘れたとき。

たとえば、出かけるときに、財布を忘れてしまったとしましょう。

バス停で、バスを待っているときに、財布が無いことに気がつきました。

さて、どうしよう。となりますよね。
 
 
 
 
家まで取りに行くのか。それとも、財布なしで、SuicaなどのICカードを使ってやり過ごすのか。

頭の中で、ベストな答えを探しますよね。

何がベストな答えなのか、このときは、ほとんど分からないでしょう。

とりあえず、財布を忘れたから、どうすればいいのか。

という、その場をやりすごすことで頭の中がいっぱいだからです。
 
 
 
 
しかし、財布を忘れたことによって、自分の行動パターンを頭の中で振り返っています。

●家に取りに行く
●ICカートを使う
●友人にお金を借りる

他にも選択肢がありますが、忘れたことによって、複数の行動パターンを炙り出すことができました。

もし、財布を忘れなかったら、ここまで行動パターンを考えることはないでしょう。

何事もなく、財布を持って出かけるはずだからです。

つまり、財布を忘れるという、ピンチがあったからこそ、行動パターンを見直すきっかけになったのです。
 
 
 
 
行動パターンを変えるということは、生活習慣を含めて変えることになります。

しかし、行動パターンを変えるきっかけは、失敗や挫折など、反省や後悔から生まれることが多いのではないでしょうか。

平穏無事に過ごしていれば、わざわざ行動パターンを変えなくても大丈夫だからです。

ピンチの時こそ、チャンスあり。

これは、行動パターンを変えろということを教えてくれているのかもしれません。

あなたは、何かをやり忘れたとき、行動パターンを見直していますか。
 

■「今日の教訓」

 
何かをやり忘れたときこそ、行動パターンを見直すきっかけになる。忘れずに、行動できるように流れを変えていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: dollen via Visual Hunt / CC BY-ND
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする