ストレスに対応するために、リラックスできるもの、気分が良くなるものを、できるだけ多く書き出しておこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4242061877_4c5b7ffec2_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

テレビで、ストレスに関する番組を観ていたとき、ストレスとの対応の仕方は、なるほどなと思ったことがあります。

特別、難しいことをやっていたわけではなかったからです。
 

■あらかじめ準備していたものを試してみて、その効果を確認する

 
番組では、ストレスを感じていることに気がついたら、リラックスできるもの、気分が良くなるものを実行するというものでした。

え?そんなんでいいの。

もっとすごいものを期待していただけに、拍子抜けしたというか、ずっこけました。

リラックスできるもの、気分が良くなるものを、できるだけ多く準備しておく必要があるそうです。

ストレスの種類や強さによって、使い分けるというのもポイントでした。

ストレスを感じたら、あらかじめ準備していたものを試してみて、その効果を確認する。

これだけのことで、ストレスに対応することができると伝えていました。

「コーピング」というものらしいです。

●自分はストレスを感じていると自覚ができていること
●そのストレスに対して、自分ができることを試すこと
●実際に試した結果を確認すること

番組では、こんな話をしていました。

ストレスと、どう向き合うのか。

現代社会では、避けては通れないものですから、自分なりの対応の仕方は知っておいたほうがいいでしょう。

あなたは、ストレスに対して、どんな対応をしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
リラックスできるもの、気分が良くなるもの。できるだけ多く書き出し、必要になったら使っていくことで、ストレスに対応していこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: Rab’s Da via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND