過去の後悔をリセットするためにタスクリストや行動記録を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3121511810_a9a48033b8
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

過ぎ去ってしまった時間は、取り戻すことはできませんよね。

そんな時は、タスクリストや行動記録を見て、そこから再スタートしたほうが良いと思うのです。
 

■現実の世界を知るために、リストや行動記録がある

 
私は、過去のことをいつまでも引きずってしまうところがあります。

あーしておけばよかった。
こーしておけばよかった。

後悔というと大袈裟になるし、反省というと、そこまで反省していなかったり(笑)。

過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできないのに、いつまでもこだわっていた時期がありました。

過去をふり返り、無駄にしてしまったと感じる時間も、過去のことを引きずる原因の一つでした。

過去に引きずられている状態では、先に進むことが難しくなります。

そして、困ったことに、何をしたら良いのかわからなくなるのです。
 
 
 
 
そんな窮地を救ってくれたのが、タスク管理と行動記録を残すことでした。

過ぎ去ってしまった時間や、無駄にしてしまった時間を考えて、過去のことに引きずられていても、リストや行動記録を見ると、現在の自分にリセットしてくれるのです。

それは、現実を見せつけられることになるので、辛いときもあります。

しかし、現実から目を背けていたら、過去を引きずった状態から抜け出すことはできないのです。

過去を引きずっている自分に腹が立つのなら、怒りを爆発させてもいいですし、悲しくて泣きたいのなら、泣じゃっくってもいいと思います。

もちろん、他人には迷惑をかけない範囲でお願いします(笑)。

そうやって、気持ちをリフレッシュしたら、タスクリストを見ながら行動を起こすか、過去の行動記録をふり返りながら、この後どうするのか、作戦を立てるのです。

タスクリストや、行動記録は、自分のことをサポートしてくれるのです。
 

■「今日の教訓」

 
過ぎ去ってしまった時間。無駄にしてしまった時間。そんな時は、リストや行動記録を見て、そこから再スタートしたほうが良いよ。リストや行動記録は、自分のことをサポートしてくれるものだからね。

 
 

 

 
 
credit: Adam_T4 via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする