時間に追われているときは、ポイントを絞って、集中的にやっていこう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

women-1209678_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

慌てたり、焦ったり。

時間に追われていると、冷静な判断をするのが難しくなりますよね。

できないことをやろうとしたり、数値を見落としたり、勘違いをしたり。

普段の自分だったら、あり得ないことが起こるのも、時間に追われているときの特徴ではないでしょうか。
 

■できないことよりも、まずはできることから始めよう

 
できないことをやろうとすると、やっぱりうまくはいきません。

なぜかと言えば、「できない」ことをするから。

時間に追われている状態が続くと、感覚が麻痺してくるのかと思ってしまいます。

無理なこと、できないことばかりを考えて、何としても実行しようとしませんか。

たとえば、どう考えても無理なのに、自分ひとりでやろうとしたり、迫ってきている期限の直前に仲間に協力を頼もうとしたり。

できないことをやろうとするのは、時間に追われているときは、まずできません。

仮に、時間があったとしても、できないことを、できるようにするためには、それなりの時間が必要になるからです。
 
 
 
 
理想は、時間に追われる状態を作らないようにするのがいいのですが、実際に時間に追われる状態になってしまったときは、できないことよりも、まずはできることから始めなければ、前には進みませんよね。

場合によっては、計画の変更もあり得ますし、やらないことを決める必要もあるでしょう。

つまり、自分でコントロールできること。

ポイントを絞って、集中的にやっていくことが、時間に追われているときは重要になってくるんです。

自分ができることを始めると、少しずつ、時間に追われることが減っていきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
自分でコントロールできること。ポイントを絞って、集中的にやっていこう。自分ができることを、最初にやっていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事