夢中になっていた時間がどれくらいだったのか。そのとき何をしていたのか。分かりますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

the-eleventh-hour-1738300_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何かに夢中になっているときは、時間のことなんて気にしていないですよね。

それが、夢中になっていることなんだぜっ!

そう言われてしまうと、それで納得するかもしれませんが、夢中になっているときでも、確実に時間は時を刻んでいます。
 

■夢中になっていたことも、行動記録として残っている

 
何かに夢中になっているときは、時間の経過なんて関係ないですよね。

夢中になっていますから。

目の前のことに集中していますから、時間のことなんて。。ねー。

特に、好きなことをしているとき、好きな人と一緒にいるときは、時間の存在なんて忘れています。

そのかわりに、楽しい時間、嬉しい時間。充実した時間を過ごすことになります。

いいな。いいなー。

オレも、夢中になれることをやってみたい。

そんなことを考えたりもしました。
 
 
 
 
話は変わりますが、私は行動記録を使って、タスク管理をしています。

行動記録っていうぐらいですから、まさに今やっていることを記録として残しています。

たとえば、今の私だったら、「朝、バスの中で、iPhoneを使い、ブログの下書き」をしています。

(今、あなたが読んでいる、この記事のことです)

これを行動記録として残していきます。

何を、いつ、どこで、どれくらいの時間を使っているのかを残していくうちに、残された時間で、何をするのか。何ができるのか。

そんなことが分かるようになってきます。

毎日の生活は、同じようなことの繰り返しが続いているからです。

普通に、行動記録を残しているだけで、いま自分がやっていることは、どれくらいの時間が必要なのかが分かります。

簡単にいえば、通勤に必要な時間ならすぐ分かりますよね。

これは、ほぼ毎日繰り返していることですから、行動記録を残さずとも分かるはずです。

大切なのは、自分が気づいていないことについても、行動記録を残しておくと分かるようになってきます。
 
 
 
 
ここで、最初の話に戻ります。

夢中になっていて、時間の存在なんて忘れている話です。

行動記録を残していなかったときは、時間の存在を忘れていましたが、行動記録を残していると、時間の存在を忘れることはありません。

行動記録を振り返ることで、何をやったのかが分かりますし、そのときに使った時間も分かるからです。

そして、夢中になっていたことも、行動記録として残っていることが重要です!

夢中になっていた時間がどれくらいだったのか。そのとき何をしていたのか。

それも、分かるようになります。

だから、「オレも、夢中になれることをやってみたい」なんて考えるよりも、今できること、残された時間で、何をするのか。何ができるのか。

行動記録があれば、それを考えることができるようになるし、今を生きていることを実感できるようになります。

あなたは、今を生きていることを実感していますか。
 

■「今日の教訓」

 
残された時間で、何をするのか。ちょっと考えてみよう。今を生きていることを実感できるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする