目先のことをとるのか、先を見据えて行動をするのか、それで結果も変わってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ciack-1859048_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

疲れているから休めばいいのに、いろいろとやりたいことがでてくることはありませんか。

疲れているのに、まだ何かやりたいというエネルギーがあるのは、すごいことだと思いますが、先を見据えて考えたときにはどうでしょうか。
 

■先を見据えて、行動することができているか

 
疲れているのに、やりたいことがでてくる。

これは、私だけの症状なんですかね。

疲れているのに、やらなければという気持ちが強くなっていくのです。

これは、寝る前になって、本を読みたくなったり、お菓子が食べたくなったりするのと似ていると思っています。

ただ、目先のことをやってしまうと、あとになって大きなしっぺ返しを食らうことが明らかなことは間違いないでしょう。

疲れているのに無理をすれば、体調を崩してしまうことにもなりますし、寝る前に本を読んだり、お菓子を食べたりするのも、体に負担をかけてしまうからです。

それでも、過ちをおかしてしまうのが人間ですよね。
 
 
 
 
しかし、その過ちをそのままにしないようにすることができるのも、人間だと思っています。

行動記録を使って、タスク管理をするようになり、それを強く感じています。

記録を振り返ることで、何をすればよかったのかが分かり、タスク管理をしていくことで、先を見据えた行動をすることができるからです。

目先のことをとるのか、先を見据えて行動をするのか、それで結果も変わってくるのです。

あなたは、先を見据えて、行動することができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
疲れているのに、いろいろとやりたいことが出てくることがある。でもここで、思いきって休むことができるか。この後に大きな影響を与えることになる。目先のことをとるのか、先を見据えて、休んで回復を優先させるか。結果が変わってくる。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする