眠ることで、いろいろなものが回復してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

昼間から、眠くてしかたがない。

こんなことはありませんか。

いつも眠いと思っている人もいるかもしれませんね。
 

■夜遅くまで起きているからといって、プラスになるかどうかは分からない

 
眠くなるということは、何か理由があるはずです。

人間が活動するためには、睡眠をとることが前提になっているからです。

私は専門家ではないので、はっきりとしたことは分かりません。

しかし、睡眠に関していえば、みんな経験的に分かっていること、感じることがあると思うんですよ。

今日は、調子がいまひとつ。体は元気なのに、やる気が起きない。

こんな症状が現れたら、きちんと睡眠をとっているかどうか調べてみたりしますよね。
 
 
 
 
いつもすごいなと思うのは、疲れているときや、病気のとき。

眠ることで、回復できてしまうところです。

頭が痛くても、眠ることで治ってしまうんですからね。

子供のころは、これが不思議でたまりませんでした。

きちんと睡眠をとるだけで、体が快適に動かすことができることって、すごいことだとは思いませんか。

睡眠をとるだけで、体力も回復しますし、精神的なものまで回復してしまうんですから。

だから、眠くなるということは、どこか疲れがあるからなんだと、あらためて感じています。

大人は、子供よりも夜遅くまで起きて活動できますが、夜遅くまで起きているからといって、プラスになるかどうかは微妙なところです。

早く寝るようにして、睡眠と休息のバランスを整えたほうがいいのかもしれません。

年末年始や季節の変わり目は、睡眠のバランスを崩しがちになるので気をつけておきたいところですね。

あなたは、睡眠と休息のバランスを考えていますか。
 

■「今日の教訓」

 
眠くなるということは、やっぱり疲れがあると考えるのが自然だろう。睡眠と休息のバランスがとれているか調べてみよう。 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする