手順を決めて確実に処理していくためには、確認をするという作業が必要になる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

効率よく。手っ取り早く。最短ルートで。

とても、心地よい言葉に聞こえませんか。

特に、仕事をするときには求められることでもありますからね。
 

■問題が発生してからの処理のほうが大変だということは、頭のなかでは分かっている

 
効率よく、手っ取り早く。

もしこれができるなら、何もかもがうまくいく。

そんな錯覚さえ、起きてしまいそうです。

あくまでも、効率や、手っ取り早くは、目的ではなく、手段であることを忘れてはいけませんよね。

効率よくやるために改善していった結果が、余計に酷くなってしまうこともあるからです。

別に、効率よくやることを否定するつもりはありません。

目的と手段を間違えなければ、それでいいはずですから。
 
 
 
 
それよりも、もっと重要で大切なことは、「確認」するという作業です。

効率よく、手っ取り早くできたとしても、確認することを怠ってしまうと、大惨事になることもありますよね。

たとえば、飛行機の操縦をすべてコンピューターに任せて飛行していて、そのコンピューターの指示が正しいと思い込んで、パイロット自らが確認しなかったことで、大きな事故になってしまったこともありますから。

確認作業というものは、同じことの繰り返しですし、地味ですし、手間もかかり、面倒くさいもの。

たいていの場合、確認の手順は決まっていますが、形式的なもので終わっているのではありませんか。

本当は、手で触って確認しなければいけないのに、目で見て判断したり、先月は大丈夫だったから、今月も大丈夫だろうとか。

ふ~。あぶない、あぶない。

手順を決めて確実に処理していくためには、確認をするという作業が必要になると思うのです。

問題が発生してからの処理のほうが大変だということは、頭のなかでは分かっているはずですよね。

それを、より具体的に、確実にするために、「確認作業」をすることは大事なことなんです。

あなたは、どんな場面で確認することが必要なのかを知っていますか。
 

■「今日の教訓」

 
確認作業は、手間がかかるかもしれないけど、手順を決めて確実に処理していこう。問題が発生してからの処理のほうが大変だからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事