映像や写真の世界もいいけど、自然の中に飛び込んで、現実世界を知ることも大事なことなんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

行動が変われば、結果も変わる。

たしかに、その通りですよね。

いままで、まっすぐに進んでいたところを、右に曲がったり、止まったりすれば、結果が変わるのは当然のことです。

それが分かっていても、なかなかできないこともあるから不思議です。
 

■その体験を、五感を使って生で感じたほうが、行動をしたことをより強く感じる

 
今は、ネット社会と言われていますよね。

便利になったことはたしかですが、マイナスだと思うところもあります。

行動をしなくても、動いたかのように錯覚を起こしてしまうところです。

たとえば、旅行に行きたい場所を検索するだけで、大量の写真や現地の情報を手に入れることができますよね。

これはこれで、非常に便利なことなんですけど、旅行に行かなくても、ある程度の情報なら簡単に集めることができます。

そのなかの情報が、すべて正しいわけではありませんが、現地に足を運ばなくてもできてしまいます。

簡単にいうとGoogleマップで世界一周旅行をするようなものです。
 
 
 
 
でもこれは、現実世界を見ているのではなく、ネットの世界を見ているだけです。

これで満足して終わりというのは、どうなのかなと思うのです。

直接、旅行に行き、その体験を、五感を使って生で感じたほうが、行動をしたことをより強く感じるはずです。

映像や写真は、録画や編集された世界で、直接、現地の自然の中に飛び込んで、現実世界を知ることは、現地からの生中継をしているようなものです。

たしかに、映像や写真の世界にも素晴らしいものがあります。

でもそれ以上に、自然の中に飛び込んで、現実世界を知ることが大事だと思うのです。

私は、ランニングをしているときに、虹を見たことがあります。

それまでは、映像や写真で何回も見たことがある虹でした。

でも、虹という自然現象を目の前で見たときの感動は、すごいものを感じました。

これこそ、行動が変われば景色が変わることなんですね。

あなたは、自然の中で何をしていたことがありますか。
 

■「今日の教訓」

 
行動が変われば景色が変わるというのは本当だ。映像や写真の世界もいいけど、自然の中に飛び込んで、現実世界を知ることも大事なことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする