少しずつ、できれば決まった時間にやってみる効果を感じてみませんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

少しずつ、決まった時間にやり続けていくと、どうなると思いますか。

簡単に書くと、とんでもないことになります。

今度は、とんでもないことって、どんなこと?

すごいことになるとしか、答えようがありません。
 

■やる気とか気合いを入れる必要もなく、ごく自然に、自然体で取り組むことができているか

 
少しずつでもいいからやっていくと、その分だけは確実に進むことができますよね。

たとえば、このブログの下書きは、一気に書いているのではなく、少しずつ書いています。

下書きとはいえ、少しずつ書き続けていますから、最後には完成というところまでたどり着きます。

少しずつ書いているので、長い文章を書くことは少ないです。

単語がひとつだけのこともありますし、1行ぐらい書いて終わることもあります。

そんな継ぎ接ぎだらけの文章でも、それなりの形に仕上げることができます。

あとは、下書きをそのまま正式に記事として採用し、ブログにアップするか、またはその下書きに、さらに手を加えて記事にするやり方をしています。
 
 
 
 
少しずつ書いているので、ほとんど負担がありません。もし、書きたくないなら書かないし、途中でやめてしまってもよいことにしています。

その代わりに、書く回数は意識的に増やすようにはしています。

たとえば、朝起きたとき、バスや電車を待っている時間、移動中の時間、テレビのCMが流れている間、お風呂に入る前と出たあと、寝る前など。

ちょっとした隙間時間を使ってブログの下書きをしているわけです。

ここで大切なことは、無理をしてまでやらないことです。

少しだけ書いて終わりにすることもありますし、書かないこともあります。

でも、次にブログの下書きを書く場面になったら、また書き始めます。

このような文章に書いてしまうと、非常に面倒くさく感じてしまうと思いますが、実際にやってみると難しいことではありません。

その理由が

●途中でやめてもいい
●やらなくてもいい

という条件があるからです。
 
 
 
 
「途中でやめてもいい」、「やらなくてもいい」という、ブログ更新のハードルを極限まで下げてやると、逆にブログの更新ができてしまうという、不思議な現象が起きています。

おそらく、これは、やる気とか気合いを入れる必要もなく、ごく自然に、自然体で取り組むことができているからだと思っています。

もちろん、ブログを更新するのに慣れてしまったとも言えますね。

あなたも、少しずつ、できれば決まった時間にやってみる効果を感じてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
少しずつ少しずつ、できれば決まった時間にやることで、確実に進んでいく。やる気とか気合を入れる必要もない。ごく自然に、自然体で取り組めるのがいいんだよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする