限界を少しでも突破することができれば、その先は違った世界になる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

できなかったことが、一度でもできるようになると、次回からはそれほど難しいことはなくなりますよね。

これは、限界点を突破したことだと思っています。
 

■限界点を少しでもいいから突破することを意識しているか

 
一度でもできるようになると、次回からは、難しいことではなくなることがあります。

私の場合は、自転車に乗れるようになったことです。

まだ、幼稚園に通っていたとき、近所に住んでいる、お兄ちゃんや、お姉ちゃんたちが乗っている自転車を見て、自分も補助の車輪なしで乗りたいと思うようになって、練習を始めたことを覚えています。

何度も転んでは、起き上がり。

その繰り返しでした。早くみんなと一緒に自転車で走ってみたいという気持ちでいっぱいだったので、少しぐらいの怪我なんて全く気にはしていませんでした。
 
 
 
 
何度も繰り返し練習しているときに、自然と乗れるようになったときは本当に嬉しかったです。

その当日は、自転車が乗れるようになったことが不思議でしかたがありませんでした。

ついさっきまで、自転車に乗ることができなかったのに、一度でも乗れるようになってしまうと、今度は自転車に乗れることができなかった自分には戻れないことにも気がつきました。

この幼少期の体験は、私にとって大きな影響を受けることになります。

大人になった今でも、少しずつ始めて、限界点を少しでもいいから突破することを意識しています。

これらを、一言でいうと、成長や進化と言うのでしょう。

それにしても、限界点を突破すると、元の状態には戻れないなんて、本当に不思議ですよね。
 

■「今日の教訓」

 
できなかったことが、一度でもできるようになると、次回からはそれほど難しいことではなくなる。限界点を突破したということ。これは、成長や進化と呼ぶこともできるよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事