この2つのどちらか、または両方があれば、自分が変わることができる可能性がある

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

環境は、常に変わっています。

たとえば、天気。

晴れているときもあれば、雨が降っているときもあります。

気温が高く暑いときもあれば、気温が低くて寒いときもあります。

当たり前のことだと思っていませんか。
 

■自分が変わることができるチャンスがやってきたと捉えることができるようになる

 
環境が変わったことを感じるのは、天気がその代表だと思います。

天気は、その日の活動にも影響を与えることになりますから、天気に注目が集まるのも不思議ではありません。

今日は、気温が低いから、コートとマフラーの準備をしておこう。天気予報では、午後から雨が降るらしいから、午前中に洗濯をすれば大丈夫かな。

このように、環境が変わったことを感じたり、天気予報のように、事前に環境が変わるかもしれないことを知ったりすることで、自分自身も変わることができるのです。

つまり

●環境が変わったことを感じることができる能力
●事前に、環境が変わるかもしれないという見通しがある

この2つのどちらか、または両方があれば、自分も変わることができる可能性があります。

自分が変わることができるチャンスがやってきたと捉えることならできますよね。

もちろん、変わってもいいし、変わらなくてもいいんです。

好きなほうを選べばいいのですから。
 

■「今日の教訓」

 
環境が変わったことを感じ取ることができたら、自分も変わることができるチャンスがやってきたということなんだよ。変わってもいいいし、変わらなくてもいい。好きなほうを選ぶことができるんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事