自分の気持ちに整理をつけたいなら、挨拶は自分からしたほうがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

挨拶は、大事なことだとされています。

たしかに、その通りなのですが、どちらが先に挨拶をしていますか。

あなたですか。それとも、相手ですか。
 

■挨拶は、自分の気持ちを伝えるもの

 
挨拶ですから、相手がいるはずですよね。

自分ひとりだけで、挨拶することもあるかもしれませんが、普通は相手がいます。

ここで、相手が目上の人だったりすれば、こちらが先に挨拶をすることになることが多いと思います。

逆に、自分よりも目下の人だった場合には、自分から挨拶をすることはないかもしれません。

このように、挨拶だけを見てみるだけでも、そこに人間関係が生まれていることが分かります。

つまり、人間同士の上下関係です。
 
 
 
 
挨拶だけでも、トラブルが起こることもあります。

●なんで、お前は挨拶をしないんだ
●オレが挨拶したのに、アイツは無視しやがった

本当に些細なことですが、小さな亀裂が大きくなることもありますよね。

これは、仕事でもそうですし、ご近所づきあいにも言えることでしょう。

だから、挨拶することは大事なことなんだと教えられるわけです。

挨拶は、自分の気持ちを伝えるものだと思っています。

特に、会話を始めるきっかけになりますよね。

挨拶そのものには、深い意味はないとしても、相手にふり返ってもらうための手段として使うこともできます。

そして、人と人をつなぐ役割も果たすのが挨拶なら、自分の気持ちに整理をつけたいときにも使えそうですよね。

それは、相手に伝えたいことがあるとき、挨拶をきっかけにして伝えればいいのです。

相手が、話しづらい相手なら、挨拶だけでもいいじゃないですか。

こちらが挨拶しても、相手は挨拶してくれるとは限りませんが、挨拶をするだけでも、自分の気持ちに変化を感じることができますよ。
 

■「今日の教訓」

 
自分の気持ちに整理をつけたいなら、挨拶は自分からしたほうがいい。相手がどうのこうのより、自分の気持ちを整える効果があるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする