自分のペースを確立して、それを守ったほうが、無理をせず、体にも負担がかからない

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

一気に進めるよりも、少しずつ進めていくのが好きな私でも、一気に進めたくなるときがあります。

それは、少しずつ進めていって、効果が現れ始めたときです。

効果が現れるのは良いことだとしても、自分のペースを乱してしまっては、元も子もありませんよね。
 

■自分のペースを乱し、欲が出ていないか

 
少しずつ進めていくことの効果を実感し、それが好きな私でも、一気に進めたくなる衝動にかられてしまうことがあります。

最も危険なのは、少しずつ進めていって効果が現れ始めたときです。

簡単にいうと、調子に乗ってしまうんですね。

そのまま調子に乗って、さらに効果がでれば問題ないのですが、ほとんどの場合うまくいきません。

自分のペースを乱し、欲が出てしまうからです。

マラソンのように、最後のラストスパートがあってもいいと思うのですが、少しずつ、コツコツと進めているときは、自分のペースを確立して、それを守ったほうが、無理をせず、体にも負担がかからないので、私は好きです。

少しずつ、コツコツと進めているときは

●自分のペースを守る
●無理をせず、体にも負担がかからない

この2つに気をつけながら、今日も少しずつ、コツコツと進めていますよ。
 

■「今日の教訓」

 
少しずつ、コツコツと進めていって、効果が出たと感じたら、さらにコツコツ続けたほうがいい。自分のペースを確立すること。そこまでできれば、もっとやろうとか、休まなくても継続できるぐらいの、質と量がわかってくるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: marumeganechan via Visual hunt / CC BY-NC-ND
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事