現実を受け入れているか。と、あれこれ考えても、おそらく答えなんかでない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

現実を受け入れましょう。

本を読んでいたら、そんなことが書かれていました。

でも、受け入れたくはない現実もありますよね。
 

■今いる自分の状態はどうなっているのか。それを知る手がかりとして使えばいい

 
現実を、受・け・入・れ・る。

ん?

私には、どうもしっくりきません。

今生きているところが、現実なんだから、すでに受け入れているんじゃないの?

そんなふうに、思ってしまいます。

ただの、屁理屈ですかね。

でも、現実を受け入れたかどうかなんて関係なく、時間はどんどん過ぎていることは確かです。

私たちができることは、今ここでどんな行動をするか、だけです。

実際に行動しているときは、現実を受け入れたかどうかなんて考える必要はないと思うのです。
 
 
 
 
そんなことを考えるよりも、どんな行動をするのか。そちらのほうが大切でしょう。

だから、現実を受け入れるというのは、今いる自分の状態はどうなっているのか。それを知る手がかりとして使えばいいと思うのです。

現実を受け入れているか。と、あれこれ考えても、おそらく答えなんかでないからです。

やはり、ここでどんな行動をするかが重要なんですね。

答えが出ないのなら、自分がどんな行動をするのかが答えになるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
現実を受け入れたかどうかは、そのときは行動しているから、受け入れていることになると思う。ここでどんな行動をするのかは、自分次第だ。だから、現実を受け入れたかどうか考える必要もないかもしれないね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする