できない理由を考える、その前に、最初の部分だけ手をつけて、中途半端な状態で終わらせてみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことができない。

それは、本当なのか、疑ってみたことはありますか。

やればできるのに、やらないとしたら、勿体ない話ですよね。
 

■できない理由を、これでもかと並べ始めてしまう前に、やっておきたいこと

 
やりたいことができない。

そんなことを思うことがあります。

やりたいの?できないの?

どっちなの?

頭のなかがテンパってしまうこともありました。

でも、あとになって、こう思うこともあります。

テンパっている時間があるなら、やりたいことなんか簡単にできるだろ!

頭では、分かっているつもりでも、いざとなるとできない状態があるのです。

結局、考えているだけで、実際に行動は何一つしていなかったのです。

考えている時間があるのに、やりたいことができないというのは、嘘ですよね。

考えている時間を、ちょっとだけ使って、始めてしまえばいいわけですから。
 
 
 
 
それでも、できない理由を並べてしまうのが、人間だとすれば、少しずつ変えていくしかないと思います。

●とにかく、最初の部分だけ手をつけてしまう
●中途半端な状態で終わってもいいとする

この2つができれば、「やりたいことができない」というものを、確実に減らすことができるはずです。

最初の一歩を踏むだすことができれば、あとは少しずつ進んでいけばいいという、次にステージに進むことができますよね。

でも、やりたいことができないと思っているときは、要注意です。

できない理由を、これでもかと並べ始めてしまうので、その前に、最初の部分だけ手をつけて、中途半端な状態で終わらせてやりましょう。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことができない。そう思っている時、それは本当なのか、疑ってみるといいよ。いちばん最初に手をつけられないか。中途半端で終わってもいいのではないか。終わらせなくてもいいかもしれないからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする