自分のことを、いつでも、どこでも、応援してくれている人は自分自身なのです

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

他人には厳しく、自分には甘い。

そんな人もいますよね。

まあ、ほとんどの人がそうなのかもしれませんけど。
 

■自分に対しては許せるというスタンスを持つということ

 
自分に対しては甘い人が多いと思っていましたが、そうでもないこともあります。

それは、自分に対して厳しい人がいるからです。

もう十分、満足な結果を出しているように見えても、「まだまだ」、「こんなもんじゃない」なんて言いながら、さらなる高みを目指しているような人のことです。

こんな人を目の前にしてしまうと、オレってダメじゃん。

そんなふうに、思ってしまうことがあります。

その人の性格というか、習慣もありますから、比較することはないですけどね。

でも、自分に厳しいだけでは、辛いんじゃないかと思うのです。

本人は、それが普通、当たり前だと思っているので、辛いとは思ってはいないでしょう。
 
 
 
 
もし、ここで自分が自分に対して、厳しい姿勢でいたら、どうなると思いますか?

誰も、自分自身のことを許してくれる人がいなくなっていまいます。

応援してくれる人が、誰もいないなんて。寂しすぎます。

もちろん、厳しい姿勢で取り組むことを否定するつもりはありません。

でも、何か苦しいと感じ、辛いと思うなら、自分に対しては許せるというスタンスもあるんだということを知っておいたほうがいいと思うのです。

自分でしか、自分のことを守ることができないからです。

失敗してしまったことは、変えることはできません。失敗したことから学び、反省して、次は成功できるようにすることは大切なことです。

ここで、自分を許せないというスタンスでは、学びや、成功が遅れてしまうと思うのです。

自分を許せないというスタンスは、他人を許さないということにもなり、さらに物事を複雑にしてしまいます。

いきなり、自分のことを許せと言われても無理な話ですが、他人から許されないことがあっても、自分で、自分に対しては許せるスタンス持っていると、今いる、この場所がスタート地点となり、ここからどうしたいのかを考えることができるようになりますよ。

自分のことを、いつでも、どこでも、応援してくれている人は自分自身なのです。
 

■「今日の教訓」

 
他人からは許されないことがあるかもしれないけど、自分に対しては許せるというスタンスは、大切なことだと思う。自分でしか、自分のことを守れないからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事