すべてを終わらせることはできない変わりに、いろいろなことに幅広く手をつける

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

あれもやりたい。これもやりたい。

そんなことを言っても無理なのに、頭のなかでは考えていることがあります。

頭のなかって、無茶なことを考えることがあるんですよ。
 

■すべてをやろうとするから、時間が足りなくなる

 
あれもやりたい。これもやりたい。

こんなことを考えているときは、すべてのことに手をつけて、すべてを終わらせようと考えています。

今日は、休日だから、午前中はランニングをして、午後から部屋の掃除をして、そのあとに、楽しみにしていたDVDを観て、夕食は外食をして、寝る前に読書をしよう。

活動できる時間は限られているのに、頭のなかで考えているときは、そんなことは関係ないんです。

休日だから何でもできるという、間違った期待があるからです。

しかし、現実はそうはいきません。

「休日だけれど、やりたいことができなかった」

休日の夜に、こんな後悔をしたりするのです。

後悔をしたくなければ、

●1日の自分の活動時間を知ること
●やりたいことに必要な時間を知ること
●休日だから何でもできるという妄想をやめること

最低でも、この3つぐらいはクリアにしておくべきでしょう。
 
 
 
 
今日1日、自分がやりたいことを書き出して、やりたいことに必要な時間を書いてみると分かりますが、あれもこれもやりたいと思っているときは、すべてをやりきることを考えていて、終わりの時間が1日の活動時間を大きく超えていることがありました。

すべてをやろうとすると、時間が足りなくなるという、これまた当たり前のことなんですけどね。

でも、すべてをやろうとしなければ、「いろいろなことができる」とも言えますよね。

1日の活動時間には限りがあるので、そのなかで、少しずつ進めていくことで、あれもこれもやることが可能になると思いました。

すべてを終わらせることはできない変わりに、いろいろなことに幅広く手をつけることができるようになるので、気持ちが楽になりますよ。

あなたも、少しずつ進めていく。このやり方を取り入れてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
少しずつ進めていく。このやり方を積極的に取り入れてみてはどうだろう。まとめてやらなくても大丈夫なものも多いからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事