本当にやりたいことなら、短い時間でもいいし、中途半端な状態でもいいから、やったもん勝ちなんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのに、それができない。

その一方で、短い時間でも、やろうと思えばできることもある。

こんな気持ちを感じながら過ごしていませんか。
 

■明日もやることを楽しみにしながら、眠りにつくことができているか

 
やりたいことがあるのに、それができないときって、イライラしますよね。

本当にやりたいことは、今やっていることじゃない。早く、この場から離れて、やりたいことがしたい。

こんな状態では、目の前のことに集中することは難しいでしょう。

その一方で、休日など、自由に使える時間がたくさんあるのに、自分が好きなこと、やりたいことをやらないことはありませんか。

やろうと思えばできるのにやらない。

たしかに、ただ思っているだけでは、やらないというよりも、そもそも、できません。

答えは、簡単です。行動をしていないから。

だから、短い時間でもいいし、中途半端な状態でもいいから、やったもん勝ちだと思うのです。

●やらない状態が続くと、イライラする
●何もせずに1日が終わると、やらなかったことを後悔する

少なくとも、この2つの状態を回避、または減らすことはできるはずです。

本当にやりたいことが、少しでもできたことに満足して、明日もやることを楽しみにしながら、眠りにつくのもいいと思いますよ。

短い時間でも、できることはあるはずですからね。
 

■「今日の教訓」

 
短い時間でも、やろうと思えばできるものは、たくさんある。短い時間でもやってみる価値はある。何もせずに後悔するよりも、少しやってみて、明日もやることを楽しみにして眠りにつくのもいいものだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする