期限を1つ決めて、それをクリアするために行動していくと、次にやることもラクにできるようになってくる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やることが、たくさんある。どうしよう。

こんな状態では、物事は進みません。

どうしようと考えるのも悪くはないですが、考えているだけでは、決して先には進みません。
 

■最初の動き出すときが、いちばんエネルギーを必要とする

 
やることが、たくさんあるときは、そのすべてをやろうとするよりも、何か1つ決めて、それをクリアするために行動をしていくと、最初の一歩を踏み出しやすくなります。

具体的に、何か1つを決めるとは

●取りかかる時間を決める
●誰かが、部屋に入ってくるまで作業をする
●目の前にあるものを、1つだけ取り組む

何でもいいので、条件を1つ決めて、行動を起こすというやり方です。

特別、難しいことではないと思います。
 
 
 
 
たとえば、「取りかかる時間を決める」なら、タイマーを5分セットしてやり始めればいいですし、「誰かが、部屋に入ってくるまで作業をする」なら、家族が家に帰ってくるまでに、ブログの下書きを終わらせるでもいいんです。

最後の「目の前にあるものを、1つだけ取り組む」というのだって、それこそ目に入ったことから、とりあえずやってみるだけです。

具体的に、行動することができるなら何でもいいと思います。

特に、最初の動き出すときが、いちばんエネルギーを必要としますからね。

何か1つを決めるといっても、それは難しいと考えているなら、「期限を1つ決める」ところから始めてはどうでしょうか。

期限は、他人が決めるものと、自分自身で決めることができるものがあります。

自分で、期限を決めて、それをクリアするために行動をしていると、エンジンがかかってきて、次にやることもラクにできるようになってくるものですよ。

あなたも、小さな期限を細かく設定するところから、始めてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
期限を1つ決めて、それをクリアするために行動していくと、次にやることもラクにできるようになってくるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事