何となく1日が終わってしまったという思いを、幻に変えてみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人間がやることですから、ダラダラと過ごしてしまったことなんて、1年のなかで何度かありますよね。

毎日が、ダラダラ生活だという方もいるのかもしれません。

もし、そのダラダラが嫌になったら、一撃を食らわしてやりましょう。
 

■ダラダラと過ごしていることに気がついたら、自分に対して、一撃を食らわしてやる

 
やりたいことがあるのに、時間がない。

そう嘆いたかと思えば、ダラダラと、過ごしている自分は嫌だと思ったことはありませんか。

やりたいことがあるなら、ダラダラと過ごさなくてもいいはずですし、そもそも、時間がないなら、ダラダラすることなんてできないはずです。

でも

●やりたいことがあるのに、ダラダラしてしまう
●時間がないはずなのに、ダラダラしてしまう

必ずどこかに、「ダラダラ」が含まれています。

このどんなパターンにも含まれている最大公約数の「ダラダラ」に気づくことができているなら、問題を解決する日も近いです。

ダラダラとしてしまう時間帯、季節、曜日、ひとりでいるときなのか、それとも相手がいるときなのか。

ダラダラと過ごしたときのデータを揃えておくといいでしょう。

どんなときに、ダラダラしてしまうのかを記録に残しておけば、あとから活用することもできます。
 
 
 
 
もちろん、ダラダラと過ごすこともあり、何となく1日が終わってしまうこともあります。

もし、それが嫌なら、ダラダラと過ごしていることに気がついたら、自分に対して、一撃を食らわしてやりましょう。

ちなみに、私がやっている一撃は、タイマーをセットして、その時間だけ集中して取り組むという、子供じみたものです。

タイマーを1分間だけセットして取り組んでいます。

1分ぐらいなら、ダラダラしていても、何とか取り組むことができます。

そして、1分たったら、再びダラダラしても良いことにしていますが、もう少し続けてみようという気持ちになることがあります。

これが、ダラダラに対して、一撃を食らわした効果なのです。

たとえ、1分間だけでも、集中して取り組むことができれば、何となく1日が終わってしまったという思いは幻に変わりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
ダラダラと過ごしてしまった。何となく1日が終わってしまった。これらを防ぐために、タイマーをセットして、その時間だけ集中して取り組んでみるといいよ。ダラダラに対して、一撃を食らわしてやったことになるからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする