問題なのは行動しないで成功も失敗もせずにいることだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14086782621_57de263e38
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

毎日、私たちは、行動していますよね。

つまり、何かをしているわけです。何かをしているということは、何らかの結果が出ていることにもなります。

その結果次第で、成功や失敗を判断しているわけです。
 

■「動く」ことが行動であり、「動かない」ことも行動である

 
目的を達成するためには、そこに向かって行動をする必要がありますよね。それは、簡単にできることかもしれないし、いくつかのステップを踏まなければ、先に進むことができないものもあります。

いずれにせよ、行動すれば、その先に、成功と失敗の2つが出てきます。

行動して、順調に進むことができるときもあれば、大きな壁にぶつかって失敗することもあるからです。

成功や失敗があったとしても、それが経験となり、そこから学ぶことだってできますよね。
 
 
 
 
でも、問題だと思うことは、行動をしないで、成功も、失敗もせずにいることです。

行動しなければ、良くて現状維持か、さらに事態が悪化することはあります。ほとんどの場合は、成功も失敗もありません。

時間だけが過ぎていく状態のことです。

もちろん、行動をしないという選択肢もあります。

私は、「動く」ことが行動であり、「動かない」ことも行動であると考えています。

成功するにしても、失敗をするにしても、そこには「行動」があると思うのです。

今までの人生を作り上げてきたのは、行動してきた結果ですし、この先の未来も、行動することで新たに作り出すことができるからです。
 

■「今日の教訓」

 
目的を達成するにしても、失敗したとしても、そこには行動がある。それなら、まだいい。問題なのは、行動をしないで、失敗もせずに、目的を達成しないことだと思う。もちろん、目的を達成することに、こだわる必要はないけど、人生を作り上げているのは、行動だと思うんだ。
 
 

 

 
credit: flazingo_photos via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする