やり忘れを防ぎたいなら、頭のなかで覚えないようにしよう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やろうと思っていたのに、忘れてしまった。

今でもやってしまうことがあります。

できることなら、やり忘れを防ぎたい。

そんな気持ちに、よくなります。
 

■忘れても大丈夫な状態にできないか

 
あー、やるのを忘れちゃった。

これでいいなら、何の問題はないと思います。

でも、やり忘れてしまったことで、些細なことが、大きな問題へと発展することがありますよね。

自分の小さなミスが、結果として周りにいる人たちに迷惑をかけたことはありませんか。

また、こんなケースもあります。

これぐらいなら、いいや。
たぶん、大丈夫だろう。

こういった、自分勝手な思い込みも危険です。

「やらなければいけないことを、やらない」のも、やり忘れと同じようなものです。

やらなかった事実があるからです。
 
 
 
 
些細なことが、大きなリスクになるのを防ぎたいところです。

いちばん良いのは、忘れても大丈夫な状態にできないかを考えることですかね。

忘れても大丈夫な状態にしたいなら、メモなどに「やるべきことを記録に残す」のがいいと思います。

頭のなかで覚えているから、忘れてしまう。

これが答えなんじゃないかと思うのです。

やろうと思っていたけど、忘れてしまった。まさに、この状態です。

しかし、メモなどに書き出しておけば、紙を見ればいいですし、覚えておく必要もなくなります。

さらに、スマホのリマインダーをセットしておけば、より安心ですね。

できるだけ、頭のなかで覚えないようにすることが、やり忘れることを防ぐことになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
やるのを忘れてしまったことがあると、些細なことが、大きな問題へと発展することがある。忘れてしまうと、その分だけ、リスクが高まることもあるから、忘れても大丈夫な状態にできないかを考えてみるのも面白いよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事