集中という言葉に、惑わされていないか

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

よし、集中しよう。

言葉にだすこともあれば、心のなかで自分を鼓舞するために使うこともあると思います。

ただ、集中という言葉に惑わされたくはないですよね。
 

■具体的な行動をするから、集中することができる

 
仕事でも、スポーツの世界でも、ここ一番の大事な場面で、「集中」という言葉を使うことがありますよね。

それは、気持ちを切り替えるため、チームがひとつになるため、いま自分ができることをするためなど、集中という言葉の中には、たくさんの思いと意味が込められていると思っています。

私も仕事で、「ここは、集中していくぞ!」と、心のなかで自分に対して語りかけることもあります。

でも最近は、集中することって、いったい何だろうと思うようになりました。

集中という言葉を使うだけで、具体的な行動を起こしていなかったのです。

集中と言う言葉だけを出して、それで良しとしていただけだったんですね。
 
 
 
 
「集中」という言葉を使うと、その時は気が引き締まり、目の前のことに意識が向くような気がしませんか。

でも、それに合わせて具体的な行動していかなければ、集中と言う言葉は、ただのお飾りになってしまいますよね。

いちばんの理想は、集中なんて言葉を使わずに、具体的な行動をすることができる状態だと思います。

そうはいっても、集中という言葉を使うなら、行動を起こしやすくすることも大切ですよね。

具体的な行動をするためには、マニュアルや、チェックリストのようなものがあるなら、それに従って行動をするのも、ひとつのやり方です。

大事なのは、集中という言葉を使ったあとに、具体的な行動ができているのか。

このひと言に、尽きます。

集中したから、やるべきことができるのではなく、具体的な行動をするから、集中することができるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
集中するといっても、やるべきことをやっていなかったら意味がない。具体的に何をするのか。集中という言葉を使うよりも、具体的な行動をはっきりさせて、実行したほうがいいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: Martin Lindstrom via Visualhunt.com / CC BY
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事