管理をしているのか。それとも、管理されてしまっているのか。できるだけ負担を少なくしよう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何かを管理するとき、どんな気分になりますか。

私だったら、管理という言葉を聞くと、難しい、面倒だと思ってしまいます。

もし、何かを管理することがあったら、できるだけ負担を少なくしていきたいものです。
 

■管理をするときに受けるダメージを少なくする

 
管理というと、どんなものを想像するでしょうか。

たとえば、在庫管理。お金の管理もありますよね。金庫番と呼ばれることもあります。

物の管理だけではなく、人の管理もあるでしょう。

だから、管理職っていうんですよね?

管理をする対象によって、内容も、その程度も違ってくるので、一概にはいえませんが、一気にまとめてやろうとすると、やはり大変です。

数が多いほど、管理するのが難しくなるからです。
 
 
 
 
今では、人間の力ではなく、コンピューターを使って管理をすることも多くなったので、少しは負担が減ったことはたしかです。

ただし、今まで人間の力だけでやっていたものを、コンピューターにやらせるときは、データの入力をする必要があるので、やはり数が多いと大変なことになります。

身近なものでは、冷蔵庫の在庫管理も、一気にまとめてやるよりも、定期的に少しずつ進めたほうがいいでしょう。

何かを管理しようとすれば、それなりの負担がかかります。

その負担を、できるだけ少なくすれば、管理をしやすくなりますよね。

管理をしているのか。それとも、管理されてしまっているのか。

あなたも、ちょっと考えてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
何かを管理するとき、一気にまとめてやろうとすれば、時間がかかり、体力も奪われてしまう。定期的に少しずつ進めたほうが、受けるダメージも少ないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事