うまくいった日、満足できた日。次回も再現できる確率を高めるためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

うまくいったこと、楽しかったことは、もう一度、味わいたいと思ったことはありませんか。

「今日も一緒に遊んで楽しかったね。」、「明日も、一緒に遊ぼうね!」

私が、子供のころは、こんな会話をしていたことを思い出しました。
 

■うまくいった日、満足できた日を偶然で終わらせないために

 
うまくいった日、楽しく過ごした日。

これが永遠に続けば良いのにと思ったことはありませんか。

まぁ、楽しいことですから、また楽しみたいという気持ちがあるのは、わかる気がします。

でも、多くの人は、ここで終わってしまいます。

もう一度、楽しみを味わうためには、どうしたらいいのかを考えないからです。

たまたま、楽しかった。これが永遠に続けばいいのにと思っているだけでは、次の楽しみは、なかなかやってこないでしょう。
 
 
 
 
偶然で終わらせないためにも、うまくいった日、満足できた日などは、どんな1日だったのかを記録に残しておくことをお勧めします。

簡単なメモでもいいですし、日記に書いておくのもありです。

次回も再現できるように、時間や場所、そこにいた人たち。

できるだけ、具体的に記録として残しておくといいでしょう。
 
 
 
 
もちろん、うまくいった日を記録に残しているだけでは、再現ができないこともあります。

記録を残したから再現されるわけではなく、記録を残し続けていると、うまくいっているパターンに気づき、思い出すことができるので、自然と再現する確率が高くなるのではと考えています。

本当は、うまくいっているパターンなのに、気づかずに通り過ぎていることがあるのではないでしょうか。

まずは、記録を残すこと。そして、うまくいっているパターンに気づくこと。最後に、うまくいっているパターンを何度も思い出すことで、次回も再現できる確率を上げることができるようになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
うまくいった日、満足できた日は、どんな1日だったのか。記録に残しておけば、次回も再現できる確率を上げることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする