あれもやりたい、これもやりたいと思っているときは、目の前のことができない状態なんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

あれもこれもやりたい、でもできないことってありませんか。

やりたいことがたくさんあって、ワクワクはしますが、それでもできないことってありますよね。

では、目の前のたった1つのことをできますか。
 

■原則として、1つのことしかできないと心得ていたほうがいい

 
今、何かをやっていると、確実に他のことができなくなります。

仕事をしているときは、遊ぶことができません。

電車に乗っているとき、バスに乗ることはできません。

何を言っているんだ!

と、突っ込みが入りそうですが、すべて本当のことですよね。

でも、わかっているようで、わかっていないんですよ。

あれもやりたい、これもやりたいと思っているときは、目の前のことができない状態なんです!

目の前のことができないのに、あれもこれもだなんてできるわけがない。

たくさんのことをやりたいという気持ちを大切にすることは素敵だと思います。

ただ、原則として、1つのことしかできないと心得ていたほうがいいです。

1つしかできないからこそ、何を選択するのかが重要なカギを握ることになります。

今、このブログを読み終えたあなたは、次は何を選択するのでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
今、何かをやっていると、他のことができなくなる。当然のことだ。原則として、1つのことしかできないと心得ておこう。1つのことしかできないからこそ、何を選択するのか、慎重に選んでいこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする