やる気がない、続けられないと感じたら、そのときばかりは、手当たり次第にやっていいことにする

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やる気がない。続かない。

こんなとき、どうしていますか。

行動したいけど、やりたくはない。こんな矛盾をかかえては、辛いだけですよね。
 

■中途半端な状態に終わったとしても、行動はゼロではない

 
やる気がない。面倒くさい。

夏の台風のように、定期的にやってきます。

できることなら避けたいですが、やってくるものは仕方がない。

台風も、なんで日本の上空だけにやってくるのか。なぜ、ロシアや中国には行かないのか。子供のころは、よく考えたものでした。

まぁ、今なら気圧配置の関係や、気象条件が揃うと台風が発生してしまうことならわかります。

事前に、台風の接近を天気予報で知ることもできるから、上陸するまでに手を打つこともできますよね。

このとき、なぜロシアや中国には行かないかなんて考えていませんよね。

なぜなら、もう台風が日本に近づいていることがわかっているからです。
 
 
 
 
これは、「やる気がない」、「続けられない」のも同じで、できることなら避けたいけど、やってくるものは仕方がないと考えることにしています。

あとは、どのタイミングで「やる気がない」、「続けられない」が発生するのかがわかれば、症状が現れたら手を打つことができますよね。

私の場合、やる気がない、続けられないと感じたら、そのときばかりは、手当たり次第にやっていいことにしています。

部屋の掃除をしようと思ったけど、やる気がないと感じたときは、目の前にあるゴミを拾ったり、読みかけの本を本棚に戻したり。

それって、部屋の掃除をしたことにならないじゃん!

誰かが見ていたら、そんな突っ込みが入りそうなことをしています。

わざと、中途半端な状態にするのが狙いです。
 
 
 
 
中途半端な状態でも、部屋の掃除をするために体を動かしたことになりますよね。

すると、次の動作もしやすくなることに気がつきます。

目の前にあるゴミを拾ったあと、窓を拭いてみようかな。

こんなふうに、次の行動につながる可能性もあるじゃないですか。

部屋の掃除をしようと思ったけど、やる気がないからといって、何もしなければ、行動はゼロです。

でも、手当たり次第でもいいから、部屋の掃除に取り組めば、中途半端な状態に終わったとしても、行動はゼロではありませんよね。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たるという言葉もありますが、やる気がない、面倒くさいと思っているときには効果がありますよ。
 

■「今日の教訓」

 
やる気がない。続けられない。このときばかりは、手当り次第にやってもいいことにしてみよう。わざと、中途半端な状態にして、次の動作をしやすい状態にもっていくのがねらいなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事